ノリーズロードランナーハードベイトスペシャル HB640MLを、以前より詳細にインプレしてみました

ノリーズロードランナーシリーズのインプレ記事 を掲載しだしてから2年ほど経過したこと、その間に旧シリーズからNew ハードベイトスペシャルにモデルチェンジしたこともあり、一部インプレ記事をアップデートしようと思います。

もう既にご存知の方も多いと思いますが、私が溺愛し、ボートに3本積むこともあるロッドが、ノリーズ ロードランナー ハードベイトスペシャル HB640MLです。

※以前のHB640MLインプレ記事はコチラ

ありがたいことに、

「ガルツーさんのブログを見て640MLを買いました!」

とご連絡をいただいたことも数知れず、プロスタッフとしての役割を少しは果たせているかなと思っています。

ハードベイトスペシャル HB640MLの特徴

重めのルアーのウエイトを、しっかりブランクスで受け止めてから押し出せるだけのトルクがあるので、コンパクトなスイングかつゆっくりとしたモーションで投げると驚くほどの飛距離が出ます!

柔らかめのベリーとしっかりしたバットのおかげで使えるルアーの幅が極めて広いです。軽めのスピナーベイトからカワシマイキークラスのプラグであれば気持ちよく使えるレベルです。この辺は後述します。

6.4フィートという程よい長さと絶妙なグリップ長

6フィート4インチのロッドってあまり市場では見かけないと思いますが、これが絶妙に使いやすいレングスになっています。

私の身長は168cmと、日本人男性の平均身長よりやや小さめですが、レンタルボートにハイデッキを装着すると、下向きのロッドワークをしてもギリギリ水面を叩かない長さになっています。

※私が使っているハイデッキは、ガンネルの上にデッキを載せるタイプのいわゆるツライチタイプではなく、浮力体の上に載せるだけのタイプです。

こちらのハイデッキが気になる方は、千葉県千葉市のプロショップ、フィッシングガレージブラックへお問い合わせください!

また、グリップが程よい長さなのでジャークベイトやペンシルベイトなどのロッドワークが必要な釣りでも邪魔になりません。

かと言ってロングキャストをしようとした時にはグリップエンドを引いてしっかりとテコの原理を使って投げることができます。

他のロッドとの使い分け

よく比較されるのはHB630LとHB630Mです。

まずHB630Lとの比較ですが、リーリングベイトもロッドワーク系のルアーも両方こなせるという点ではHB640MLとHB630Lは性格が似たロッドと言えます。

ただし、スペック表記からもわかる通り通り、630Lは全体的に柔らかさが出ているため、スピナーベイトでいえば気持ち良いのが3/8oz、MAXがブレードが小さめの1/2ozといった感じです。クリスタルSならウインドレンジ とディーパーレンジの1/2ozは630Lの方が気持ち良く投げられますが、オリジナルの1/2ozは圧倒的に640MLの方が気持ち良いです。

クランクベイトを視野に入れた場合は、ルアーの大きさにもよりますが、関東だと630Lの方が使いやすいシーンが多いと思います。

一方、HB630Mとの比較ですが、私の中ではHB630Mは大きめのリーリングベイト向きだという位置付けです。

実はこの2本、スペック上はかなり似ているのですが、実際にリールをセットしてルアーを投げてみると、トルク感にかなりの差があることがわかります。

HB630Mはかなりトルクが強いロッドで、3/8ozクラスのスピナーベイトだとキャスティング時にロッドが曲がりきらないのでアキュラシーを出すのが難しい印象です。

キャスティングスタイルからロッドを選ぶ

私はキャスティングの際に、ルアーのスピードを落として投げたいと考えています。少し軌道がズレた際に修正が容易であること、着水音を抑えやすいことが理由です。

ですので、ゆっくりとしたモーションで投げて、ルアーがゆっくり飛んでいくのが理想なのです。

HB640MLなら、関東で使うことの多い3/8~3/4ozクラスのハードベイトを投げる際に程よいトルクがルアーの重みをしっかり載せてくれます。これこそが多くの方にHB640MLをオススメする最大の理由です。

ちなみに1/2ozのクリスタルSを投げるのにHB630Mの方が向いている方もいます。

それは、キャスティングのモーションが極めて速い方です。

モーションの速さでロッドを曲げるキャスティングをするタイプの方は、HB640MLだとトルクが負けてしまうということがあります。1/2ozのクリスタルSをシングルハンドのバックハンドで軽々振り抜くことができるなら、HB630Mをオススメしますが、おそらく少数派だと思います 笑

また、HB630Mはそのトルク感故、ロッドワークを多用する釣りにはやや持ち重りがします。その点でも、HB640MLの方が投げやすさと捌きやすさが共存しており、幅広いルアーを気持ちよく扱うことができます。

640MLに適したルアーをタイプ別に具体名を挙げておきますので、参考にしていただければ幸いです!

合わせるリール

旧VOICEハードベイトスペシャルHB640MLに旧コンクエスト101というのが、私の中で完璧に完成されたシステムでした。

やや重量があって剛性があるリールを組み合わせ、フルフィンガーでパーミングをしてしっとりと巻く…この組み合わせにクリスタルSオリジナル1/2ozで数々のビッグフィッシュをキャッチしてきました。2016年のH-1グランプリマスターズカップを優勝した際も、デカコロ仕様にしたウインドレンジ 5/8ozに上記の組み合わせでした。

過去形で書いているのは現在は別のセッティングを見つけたからで、New ハードベイトスペシャル640MLにはメタニウムMGLのノーマルギアを組み合わせています。

リールを変更した1番の理由はリールシートが変更になったことによりトリガーの位置が微妙に変わっており、長年愛用してきた旧コンクエストを組み合わせた際のクラッチ位置に僅かな違和感を感じたためです。

※これに関しては大いに個人差があると思います。私の場合、TBSリールシートに旧コンクエストの組み合わせをNシステムのハードベイトスペシャル時代から15年は使っていたため、リールシートかリールのどちらかが変わってしまうと感覚が変わってしまって上手く投げられませんでした。

モデルチェンジしたことによりロッドの重量が軽くなり、組み合わせるリールもやや軽い方がバランスが取れて投げやすいと感じたことで、様々なリールを試してみた結果、メタニウムMGLとのマッチングに落ち着いた次第です。

ちなみにコンクエストはいわゆるローギア、メタニウムMGLはノーマルギアですが、スプールへの糸巻き量を減らしてギア比を落として使っています。

巻き物にはローギアだヨ!by田辺さん

スプールへの糸巻き量についてはこちらをどうぞ!

HB640MLで気持ちよく扱えるルアー一覧

トップウォーター編

ペンシルベイトならアッパーカッター128&95、へドン&エクスキャリバー スーパースプークやリアクションイノベーションズのヴィクセン(ペイチェックベイツのレポマン&テッケルのキックノッカー)など、フルサイズのペンシルベイトのドッグウォークがとてもやりやすいです。

ポッパーならマイケルビッグ、ザグバグ3フッククラスなら十分使えますが、アキュラシーを重視したい時はHB600Lの方が使いやすいです。レイダウンミノーのウエイクプロッププラスなども同様です。

もちろんリーリング系のトップウォータープラグにも良いです。ビッグバド&マグナムバド、トリプルインパクトやウォッシャークローラーマッスルなどのノイジー系や、先日初めて投げましたがアベンタクローラーRSなどのいわゆる羽根モノもいけます。

バズベイトなら、ボルケーノグリッパーの3/8ozも1/2ozもどちらもドンピシャで使いやすいです!ロッドのトルクでしっかりとバズベイトを押し出してくれるので、キャスティング時に回転してしまうトラブルが極めて少ないです。

スピナーベイトのドンピシャウエイトは1/2oz!

スピナーベイトならクリスタルS1/2ozを最高に喜ばせることができるのがHb640MLです。クリスタルSシリーズはスーパースローロール以外は全てOKですが、3/4oz以上のモデルはファストリトリーブなら対応可能、という感じです。

「マジ?」と思われる方もいるかもしれませんが、パワーロールの3/4ozと1ozモデルも640MLで投げています!

クランクベイトならやや大きめ

シャロークランクベイトなら、少し大きめのタイプが守備範囲となります。

ショットオメガビッグ62やRTO2.0、バグリーのバルサB2などなどです。

これらより小さいクランクベイトについては630Lや630LLが向いていると思います。

ミッドダイバーのクランクベイトもいけます。ショットオーバー2~3ならドンピシャで使いやすいと思いますが、抵抗の軽いクランクベイトであれば680Lを、ディープクランクなら760Lをチョイスするのがベターだと思います。

ロッドワークが必須のジャークベイトにも良し!

ラトリンログやサスペンディングログはもちろん、レイダウンミノー110シリーズやメガバスのワンテンなど、110mm前後のジャークベイトなら投げやすさ・ジャークのし易さ・ジャークベイトの動きの良さと3拍子揃った組み合わせになると思います。

ただし、関東のレンタルボートレイクだとリザーバーのオーバーハングや岩盤のポケットなど、アキュラシーが求められるケースが多々あります。ショートキャストで刻んでいく場合にはHB600Lをチョイスした方が使いやすいと思います。

ロードランナー、最初の一本にも

正直私はこの640MLをボートに積まない日は全く無いといっても過言ではありませんし、最近では滅多にしませんがバンクフィッシングをするとしても手にするロッドは間違いなく640MLです。

もしロードランナーを初めて購入してみようかな、という方で番手に迷っている方がいましたら、ぜひ640MLをチョイスしてみてください。自分に合う用途が必ずあるので後悔しないと思います。