ロードランナーストラクチャーSTN680MHとSTN6100MH、どう使い分ける?

Twitterの企画でご質問いただきました!

↑ロードランナー ストラクチャーNXS STN680MH

↑ロードランナー ストラクチャーNXS STN6100MH

私はここ6年程、ハードベイトしか投げておらず、衣装ケース4箱分あったソフトベイトも処分してしまったのでNXSに限らずストラクチャーシリーズは1本しか持っていません。

ちなみにその1本はST700Hでして、私の中ではダイラッカ専用ロッドになっております。

私はもともとソフトベイトの釣りも大好きですが、上記のような状況なので、申し訳ありませんが私は使い分けの説明ができません。

エキスパートに聞いてみた

で、「わかりませーん」ではあまりに申し訳ないので、電話して聞いてみました。

プルルルル…

「もしもし。おう、どうした?」

(わかる人はこれだけでわかるはず 笑)

津輕「お疲れさまです。一つ教えてください。NXS 680MHとNXS6100MHなんですけど、どう違うんでしょうか?」

「6100の方がちょっとだけ柔らかいんだよ。使うルアーの重さは同じようなもんだけど、680の方が若干硬い分、大きい(軸が太い)フックも使えるかな。2/0、3/0なら680って感じかな。」

津輕「なるほど!ありがとうございます!」

という訳で、田辺さんに聞いてみたのでした!

せっかくなのでもう1人のエキスパートに聞いてみた

せっかくなので、もう1人LINEで質問してみました。

津輕「STN680MHとSTN6100MH、どう使い分けてる?」

「ハローゥ!テキサスリグをちくちく誘って少しずつ動かしたいときは680で、フワ~ッと泳がせながら糸の重さで引っ張るときは6100だよ!」

津輕「なるほど!」

「6100の方がテキサス、スイムジグ、泳がせ専門で、680ならヘビダンとか底物系専門系かな~🤗

津輕「ありがとう!わかりやすい!!」

「My presure!」

(注:ほぼ原文ママ)

というわけで、現役エリートプロのたくちゃん(伊藤巧プロ)にも聞いてみたのでした!

めちゃ参考になると思いますので、ぜひお役立てください!!