ビヨヨーン歴10年!

ロッドの調子(テーパーや硬さ等)を見る時に、皆さんはどうしていますか?

このようにティップを壁、もしくは床に押し当てる方が一般的かと思われます。

私の場合、この方法に加えてもう一つ別の手法を使ってロッドの特性を見極めます。

http://garutsu.pro/wp-content/uploads/2017/12/img_6092.mov

こうです!

瞬間的にグリップエンドを腕に当てて、ロッドを握った手を緩めます。

ロッドがビヨヨーンと振動するのですが、この収束具合で弾性率などを見ています。

私はビヨヨーン歴軽く10年以上ですので、数々のロッドをビヨヨーンしてまいりました 笑

なぜロッドを天井や床に押し当てて曲げるだけではいけないかというと、押し当ててる部分にしか負荷がかからないからです。

実際に釣りの動作で曲がる時はガイドにラインが通っているわけですから、力のかかる比率は異なれど、ブランクスには分散して力がかかるわけです。

なので、ロッドの調子を見るにはラインを通して曲げるのが一番ですが、そうもいかないケースも多々あるので、押し当て法(?)に加えてビヨヨーン法(??)を使ってロッドを吟味しています。