15年ぶりのダイワベイトリール

今年のシーズン中、デザイナーさんに勧められて(そそのかされて?)久しぶりにダイワのベイトリールを導入してみました!

モデルはタトゥーラSV TW6.3L

人気モデルタトゥーラSV TWの中で最もギア比が低いモデルの左ハンドルです。

ちなみに私はフルタイムレフト派であります。

フルタイムレフト

パートタイムレフト

フルタイムライト

上記の言葉に反応してしまう方は、スーパーフリースプールが搭載されたスコーピオン1501世代の方ではないでしょうか?笑

話がそれましたが、現在私の中でタトゥーラSVならではの用途は2つありまして、1つはスモールジャークベイト用、もう1つはバイブレーションなどのフルキャスト用です。

今シーズンあまり活躍しませんでしたが、私の十八番の釣りにスモールジャークベイトの釣りがあります。

具体的に言うと、ラッキークラフトのフラッシュミノー80SPやデュエルのJB90、レイダウンミノーレギュラーあたりのスモールジャークベイトを14lbくらいのラインで扱う釣りです。

巷(というか霞水系)で話題のログ系のウインタージャークとは全く別物の釣りです。

この釣りの難点はとにかくルアーを飛ばしにくいことでして、過去様々なリールを合わせてきました。

イシオーネM300LF、スコーピオン1001、コンクエスト 101、コンクエスト51、リベルトピクシーエアリーレッドなど

ちなみに上記のリールでスモールジャークベイトを投げやすかったのはイクシオーネとピクシーでした。

なもんで、もしやマグネットブレーキのタトゥーラSV TWさんの糸巻き量をいわゆるSV仕様(スプール真ん中の中央にある溝まで、つまり少な目)にして投げたらスモールジャークベイトが飛んだりして?と思って試したら、これがなかなか気持ち良かった!というわけなのであります。

ちなみにロッドはハードベイトスペシャルのHB600Lをオススメします!

軽い物を投げるからと言ってHB511LLなどの柔らかいロッドを使うと、ジャークベイトが全く動かなくなりますのでご注意を!

あとは先述した通り、バイブレーションなどをフルキャストする釣りにも気持ち良かったです。この場合はラインをスプール9分目くらいまで巻いて使っています。

私が釣りを覚えていく中で、最も長くメインで使ったリール、かつ最も遠投できたリール(当時は陸っぱり少年でした)スーパーフリースプールのスコーピオン1501でした。

スコーピオン1501でブレーキ設定がカッチリハマって気持ちよくルアーが飛んでいく感覚を、タトゥーラSV TWで思い出しました!

と言うわけで、昔スコーピオン1501を使っていた方は、「おっ!」と思うリールだと思います!

釣りとプチグルメと私 新利根川松屋ボートさんのもつ煮定食

釣りの帰りやタックルショップと一緒に訪れたいプチグルメ!

第3回は、多くの方がご存知であろう、新利根川は松屋ボート食堂の「もつ煮定食」であります。

(既にネタ切れの気配・・・笑)

我々バスアングラーにとってボート屋さん併設の食堂は、とても貴重で大変ありがたいのであります。

雨の日や寒い日には暖をとることができ、真夏には一旦上がって体力回復をすることもできます。

熱中症予防には水分補給の他に、きちんとした食事と昼寝が効果的です。

釣れない時、頭を切り替えるために一度上陸して食事をするのも大アリだと思います。

今年4月のアザーセルフPV撮影の際も午前中はノーフィッシュでしたが、一度松屋さんの食堂でもつ煮定食を平らげつつ状況を整理し、午後に全く違うエリアと釣り方でナイスフィッシュをキャッチできました!

どこに釣りに行くか迷った際は、もつ煮食べたさで松屋ボートを選ぶ人も一定数いるはずです。私も経験ありますので 笑

味もボリュームも文句なしで、本当にウマイのであります!

ちなみに松屋ボートさんでは釣ったバスの大きさによって、特製ピンバッチとステッカーをもらうことができます!

これが新利根川で50アップを釣った証のゴールドステッカー&ゴールドバッジであります!

昨年4月のアングリングバス取材の一コマ。

ハードベイトスペシャルHB640ML

コンクエスト101

フロロ14lb

クリスタルS1/2oz

黄金セットでキャッチしました!

食堂のみの利用も可能ですので、オカッパリアングラーの方も訪れてみてはいかがでしょうか?

松屋ボート

稲敷市上須田2916