ロードランナー VOICE LTT650M

昨日インザベイトの記事を書いていて、LTT650Mのインプレをしていないことに気がつきました ^^;

というわけでLTT650Mですが、実際に振ってみると、巷で言われるMパワーのロッドよりよく曲がる印象があると思います。

よく曲がるロッドではありますが、極端なファーストテーパーではないので幅広いルアーに対応します。

私の用途としては、

インザベイト12g・18gのドラッギング

ラッピングミノー10g

ジャカブレード9g・12g

メタルワサビー 12g・18g

エントリー&ラトリンジェッター

上記のルアーがメインになる時は650Mをボートに積むことが多い

ですが、逆に何をやるかわからないときにも650Mを積むケースがあります。

例えば、

クリスタルS3/8oz

ディーパーレンジ1/4~1/2oz

ウインドレンジ3/8~1/2oz

ショットフルサイズ~オーバー3

オメガビッグ

ボルケーノII

タダマキ112

レイダウンミノー110シリーズ

スミス Aプロップ本山ver.

ビッグバド

ワンマイナス

この辺のルアーなら気持ちよく使えるので、事前に「今日はコレやるで!」と決めないで釣りに行く時は、登板率が高いです。

LTT630Mと用途が被ってるじゃないか!

と言われれば、

「はい、その通りなんです。。」

という返事になってしまいますが、LTT630Mの方が幾分かシャープです。そしてリアグリップが短いです。

なので、クイックにロッドを捌いてハングオフさせたりするのはLTT630Mの方がやりやすいです。

逆にロッドにウエイトをしっかり載せて投げるには、LTT630Mだとレングスがやや不十分な感じがするかもしれません。

スペックの差以上に捌き心地が異なる2本ですので、迷ったらお気軽にご相談ください!

ちなみにワサビーなどのメタル系をしゃくる場合、650MHが標準のセレクトですが、あえて650Mを使うケースもあります。

・・・それは次回のネタに 笑