ハードベイトスペシャルHB630L

ロッド選びの際に考えることと言えば、「そのロッドで何を投げるか、何に使えるか」でしょう。
カタログには様々な用途が書いてあると思いますが、それだけが全てではありません。

なので、ロードランナー歴15年の私が各ロッドの用途や思い入れについて、少しずつ記事にしたいと思います。

最初は私が最も魚を釣っているロッド、ノリーズロードランナーハードベイトスペシャルHB630L

高校生の時にお年玉でNシステムのハードベイトスペシャル630LBを購入し、昨年まで現役で使っていました。
私の釣りのイメージにもなっているスピナーベイトを覚えたのもこのロッドでした。

雄蛇ヶ池育ちの私は、池の栄枯盛衰を見てきましたが、ウィードが回復してきた頃に630LBにクリスタルS3/8ozとビッグバドだけを持って池を3〜4周しては、飽きない程度に釣れていました。

昨今のトレンドからすればショートレングスにカテゴライズされる6フィート3インチですが、アキュラシーが損なわれないギリギリの長さだと思います。

私はこのロッドが好きすぎて、Nシステム、VOICE、Newハードベイトスペシャルと、全てのモデルを使ってきました。

ここからは具体的なルアーを例に挙げながら解説していきましょう。
クランクベイトで言えば、ショットやビルノーマンのDTN、ショットオメガビッグやRTO1.5、ショットオーバー2〜3くらいまでは実用範囲だと思います。TDハイパークランクのテロテロ引きもやりやすいです。

バイブレーションも普通に使えます。エントリー、ラトリンジェッター、TDバイブの106などに良いです。

スピナーベイトは3/8ozまでが使いやすいです。ディーパーレンジ1/4〜3/8oz、クリスタルSオリジナル3/8oz、シャローロール、ウインドレンジ3/8ozあたりか守備範囲ですが、オープンウォーターでのロングキャストがメインならオリジナルの650Mやハードベイトスペシャルの680L、の方が使いやすいと思います。

とくにオリジナル3/8ozと630Lにフロロの14lbの組み合わせは、私の中で完成されたシステムです。この組み合わせが現在最もスピナーベイトを喜ばせることができるセッティングです!

2015年のH-1グランプリマスターズカップ長門将監水系で1680gのビッグフィッシュをキャッチした時も、630LBにクリスタル3/8ozの組み合わせでした。

まさしく630Lでクリスタル3/8ozを引いている図

フッキングとピンスポットへのキャストのしやすさのバランスを取るなら630L一択です!

パズベイトもいけます!

ボルケーノⅡはノリの良さとキャストのしやすさのバランスが取りやすいです。

が、グリッパーは空気抵抗が大きいので、ロッドのトルクでルアーをしっかり押し出す必要があります。グリッパーも投げられないことはありませんが、ハードベイト スペシャルの640MLや、オリジナルの650MHの方が投げやすいです。

トップウォーターも色々使えます。私が愛してやまないスミスAプロップ本山ver.やビハドウなどのプロップベイトはキャストのし易さとノリの良さが高次元でマッチングします!ティファのマイケルやマイケルビッグ、ラッキークラフトのトネスプラッシュなどのポッパーもバッチリ動かせます。

ビッグバドにも良いです。フックはやや細軸にしておきましょう!
よっこらせ、とゆっくりなげればヘドン オリジナルザラスプークも投げられます。

主に3/8ozくらいまでのリーリングベイトに最適なロッドです。

ハードベイトスペシャル最初の一本を聞かれることがありますが、迷わず630Lをオススメします!!